ブログ紹介文

ブログの更新は、(株)宮本建築設計事務所のスタッフが交替で投稿しております。
建築士の地味な日常、それを支えるスタッフの日常をゆる~くお伝えします。

株式会社宮本建築設計事務所 スタッフ一同

2010年10月17日日曜日

研修会~史跡料亭 『花月』

長崎市丸山の史跡料亭 『花月』
10月15日、長崎建築士事務所協会の研修会に参加しました。

庭園、建物のあと、資料館を見学し、女将のお話がありました。日本初の洋間『春雨の間』の見学もすることができ、食事は、坂本龍馬が残したものといわれる床柱の刃痕がある大広間でした。
建物を見学しながら、(当時のものではないはずなのに)波打つガラスがとても気になっていたのですが、『手焼きのビードロガラス』とお店の方から説明がありました。建物の維持管理もさることながら、こういった当時の雰囲気を保つのも大変なことだと思いました。

女将のお話も大変勉強になりました。お話の内容もそうですが、女将の立ち居振る舞い・・・とても真似できるものではありませんが、かもし出す雰囲気に釘付けでした。


そして、食事はもちろん『しっぽく料理』です。『しっぽく料理』といえば、乾杯前の『おひれ(お吸い物)』から始まり、『梅椀(おしるこ)』で終わります。最後まで美味しくいただきました。

今回は、兼ねてから訪れてみたかった『花月』で、建物の見学から、お食事、女将のお話まで、貴重な体験をすることが出来ました、このような機会を与えてくださった事務所協会、他関係者の方々に感謝したいと思います。ありがとう御座いました。