ブログ紹介文

ブログの更新は、(株)宮本建築設計事務所のスタッフが交替で投稿しております。
建築士の地味な日常、それを支えるスタッフの日常をゆる~くお伝えします。

株式会社宮本建築設計事務所 スタッフ一同

2013年7月24日水曜日

通勤用バイクのメンテナンス整備

私が通勤に使っているバイクです。
先日、仕事帰りの途中で突然、
エンジンが止まってしまいました
 
以前、同じ様な症状で、数分後に
エンジン再スタートした経験が数回あり、
その時は、プラグの劣化による交換をしました。

 
しかし、今回はプラグ劣化には早いようだが?
休日に、プラグの状態を確認
やはり、外観上の劣化は見られない。
 
取り敢えず、しばらく様子を見ることに・・・
 
次の週、たまたま2日ほど乗らない日があり、
エンジンの掛かりが悪くなっていた。
(10~15分程度あれこれ試す)
 
と言うことは・・・、キャブレター内部の油汚れかな?
(エアクリーナーは2ヶ月ほど前に交換済みである)
 
 よって、DIYにてキャブレター分解洗浄を決意!!
ただし、分解洗浄の経験はありません、どうしよう不安・・・
早速、インターネットで分解洗浄方法を確認
 
 
==いよいよ、作業開始==
 
シートを外した内部の写真
 中央の丸いのがキャブレターです。
土ほこりで汚いな~
 
まずは、取り付けているネジを緩める事に、
しかし、問題発生ネジが1ヶ所だけどうしても緩まない。
浸透性潤滑油を注入後、時間を置いて再チャレンジ、固い緩まない。
その後、ネジ頭が若干つぶれかけてきたので、
急きょ、ホームセンターで『ネジすべり止め液』というものを購入

 
ネジすべり止め液
『つぶれかけたネジに効果あり』と書かれているのに期待しつつ、
慎重に再チャレンジ、しかし緩まずにネジがつぶれてしまった。 あ~涙・・・
 
 
つぶれたネジ頭の写真
 
 
 
 
   ==仕方なく、分解をあきらめ、
      簡易な洗浄に切り替え==
 
 
キャブレターヘッド部分を外した写真
黒いお椀の様なラバーと中央にバネが表れた
 
 
黒いラバーを外し 中に、
エンジンコンディショナー洗浄剤を注入
洗浄剤注入後、しばらく汚れが落ちるのを待って
エンジンスタート、止まらないようにスロットルを
開き気味にして5分間程度エンジンを回す。
(2回繰り返し)
 
その後、組み立て直して完了です。
                  (フー暑い~、 汗)

あとは、またエンジンが止まらないことを願うのみ・・・

今のところ問題なく、気持ちエンジンの
回転も滑らか?
調子よくなったような気がしながら、
バイクで毎日通勤しています。