ブログ紹介文

ブログの更新は、(株)宮本建築設計事務所のスタッフが交替で投稿しております。
建築士の地味な日常、それを支えるスタッフの日常をゆる~くお伝えします。

株式会社宮本建築設計事務所 スタッフ一同

2013年8月4日日曜日

建築写真とは

        

      取材でカメラ片手に ブラジルからマダガスカルに行き 南アフリカに寄って
        タイに着いたころ とある小学校が竣工していました。

         竣工時には建築写真なるものを撮ります。

          しかし 建築写真は被写体が大きいため 広角レンズが必要になります。

            広角レンズは時として 形をゆがめ 画を強調するので
              裸眼の正確な姿が伝えられるとは限りません。



建築写真 曲面がとがって見える(平面は直角)

   完成予想パースと比較すると 同じ視線 同じ焦点ではないので枠に収めるため
    若干補正が必要だったのだと思います。 ちなみに写真は専門業者のカットです。

 
完成予想パース

   
   

       私もまだ勉強不足で 試行錯誤の状態ですが、奥深いものがあると思います。

        みなさんも大きい物を 撮ってみてください。 
          又小さいものを大きくとるのも良いですよ。 
       
                                   「実に面白い」



  さて話は変わりますが 下の写真 大変に歴史的な物が映っています。

                       なんだかわかりますか?。