ブログ紹介文

ブログの更新は、(株)宮本建築設計事務所のスタッフが交替で投稿しております。
建築士の地味な日常、それを支えるスタッフの日常をゆる~くお伝えします。

株式会社宮本建築設計事務所 スタッフ一同

2016年6月4日土曜日

お寺の中に神社?

小学校の新築工事の設計業務が始まり、状況把握の為 近隣を見て回りました。

かつては長崎港の良い景色が見えた 「大徳寺」というところです。

後で調べると変わった経緯があり、少し紹介します。


菅原神社

柱と欄干が朱塗りの「菅原神社」というものがありました。

天満宮の菅原道真としてあり、太宰府天満宮の流れでしょうか?。

 しかも有名な「梅が枝餅」と同じで、ここでも「大徳寺焼餅」がありますとの事です。

さすがにこの季節、焼いていませんでしたが、どんなものか食べたかったです。

御手水


面白いことに御手水には、「梅香崎神社」と書いてありました。

精巧な龍の頭



又昔のものですが、境内に展示物があり、「大徳寺」の全体が描いてありました。
提示物(おそらく横に説明があるのですが、読みませんでした)

その昔は 「楠稲荷」、「観音堂」 と別のものもあったみたいです。

今は公園というか子供の遊び場になっていました。




昔と今の写真

階段や鳥居は同じですが、木の成長の大きさで年月を感じます。





只ひとつ疑問ですが、全て神社関係の施設なのに、なんで「大徳寺」なんでしょうか。

いったいどれが主なんでしょうか。

「寺もないのに大徳寺」

皆さんも行ってみて確かめてください。